本文へスキップ

化学教室

化学教室の前任の教授である、大崎茂芳名誉教授の情報はこちらに移動しました。

最終更新日 2024年6月10日

TOPICS

  • 令和6年度 日本医療研究開発機構(AMED) 橋渡し研究プログラム シーズCに採択されました。
    課題名「備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の医師主導治験」(代表: 松本 雅則・血液内科教授)
  • Blood Advances誌に、人工赤血球(ヘモグロビン ベシクル)の第一相試験の結果が報告されました(旭川医大・北大病院ほかとの共同)。
    タイトル: First-in-human phase 1 trial of artificial red blood cells, hemoglobin vesicles, developed as a transfusion alternative
    DOI:/10.1182/bloodadvances.2022007977
  • 第17回 国際血液代替物学会 を成功裏に終えました。参加者の皆様、ご支援くださいました皆様に心より御礼申し上げます。
    (XVII-International Symposium on Blood Substitutes and Oxygen Therapeutics)
    会期:2019年11月21-23日、会場:奈良春日野国際フォーラム甍




NEWS新着情報

2024年6月5-7日
第73回 高分子年次大会(仙台)にて、松平が研究発表をしました。
演題:酸素分圧に応答した粘弾性を示すヘモグロビン-PEGゲル
2024年5月30日
World Biomaterial Congress 2024 (大邱)にて、Keynote speakerとして講演しました。
演題:Storable and ready-to-use artificial red cells (hemoglobin vesicles) as a resuscitative fluid for emergency medicine
2024年5月28日
Langmuir誌に、人工赤血球製剤の長期保存中における脂質膜の安定性評価に関する論文が掲載されました。
タイトル:Stability of Liposomal Membrane of Hemoglobin-Vesicles (Artificial Red Cells) for Over Years of Storage Evaluated Using Liquid Chromatography-Mass Spectrometry
DOI: 10.1021/acs.langmuir.4c01403
2024年4月23日
Free Radical Biology and Medicine誌に、一酸化炭素を結合した赤血球のサルコペニア治療効果が掲載されました(熊大薬ほかとの共同研究)。
DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2024.04.231
2024年4月1日
令和6年度科学研究費補助金の交付内定を受けました。
松平崇、基盤研究(C)、課題番号: 24K15750
2024年3月22日
Biomedical Research誌に、人工赤血球の肺切除術中の出血性ショックに対する蘇生効果が掲載されました(埼玉医大、東海大との共同)。
DOI:10.2220/biomedres.45.91
2024年3月18日
令和5年度 日本医療研究開発機構(AMED) 橋渡し研究プログラム シーズB「備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究」の第2回班会議を、WEB開催しました。
2024年1月25日
第35回 高分子ゲル研究討論会(東京大学)にて、松平が研究発表をしました。
演題: ヘモグロビンのサブユニット間相互作用により架橋された超分子ポリマーゲルの粘弾性スイッチング
2023年12月19日
ACS Omega誌に人工赤血球製剤の免疫原性の研究に関する成果が掲載されました。
タイトル:Absence of Anaphylactic Reactions to Injection of Hemoglobin Vesicles (Artificial Red Cells) to Rodents
DOI:10.1021/acsomega.3c08641
2023年12月8-9日
第30回日本血液代替物学会年次大会(埼玉医科大学)にて、研究発表をしました。
1) 備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究 (酒井)
2) ヘモグロビンを架橋点に持つ超分子ポリマーゲルの刺激応答性 (松平)
3) 人工赤血球Hemoglobin Vesiclesによる心停止後の脳蘇生 (鶴田)
4) 人工赤血球 (Hb-V) 製剤の長期保存による膜脂質への影響 (久禮)
2023年11月30日
第51回日本救急医学会総会学術集会 にて発表しました。
演題:備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の第一相試験結果と今後の展望
2023年11月22日
KSII, SMBC主催の 第3回Challenge万博 にて発表、展示をしました。
演題: 備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究
2023年11月11日
Toxicology And Applied Pharmacology誌に、人工赤血球の酸化体(metHbV)の解毒機序に関する研究成果が掲載されました(慶大薬との共同)
タイトル: Elucidating the binding properties of methemoglobin in red blood cell to cyanide, hydrosulfide, and azide ions using artificial red blood cell.
DOI:10.1016/j.taap.2023.116752
2023年11月9日
第61回日本人工臓器学会大会で発表しました。
演題:救命領域での利用が期待される人工赤血球製剤の特徴
2023年11月7日
第45回日本バイオマテリアル学会大会 にて、ハイライト発表に選定されました。
演題:備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の治験薬GMP製造とPhase 1試験
2023年10月20日
第49回日本臓器保存生物医学会学術集会 にて、講演をしました。
演題:備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球(ヘモグロビンベシクル)製剤の研究開発
2023年10月11日
ジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット 2023 にて展示しました。
2023年9月30日
International Symposium on Oxygen Transport to Tissues (ISOTT-2023)にて発表しました。
演題:Storable and Ready-to-use Artificial Red Blood Cells (Hemoglobin Vesicles) as an Oxygen Carrier for Emergency Medicine
2023年9月1日
Antioxidants誌に、一酸化炭素を結合した赤血球の急性腎障害に対する効果について掲載されました(熊大薬との共同)。
タイトル: Carbon Monoxide-Loaded Red Blood Cell Prevents the Onset of Cisplatin-Induced Acute Kidney Injury
DOI:10.3390/antiox12091705
2023年9月1日
Microscopy Research&Technique誌に、人工赤血球による臓器灌流に関する研究成果が掲載されました (旭川医大との共同)。
タイトル: Machine perfusion preservation with hemoglobin based oxygen vesicles alleviate ultrastructural damages in porcine liver donated after cardiac death
DOI:10.1002/jemt.24405
2023年8月31日
奈良先端科学技術大学院大学 物質創製科学領域にて講演をしました。
演題:備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究
2023年8月29日
第12回日本分子状水素医学生物学会大会 にて招待講演をしました。
演題:人工赤血球製剤のガスバイオエンジニアリングと臨床応用
2023年7月28日
第39回日本DDS学会学術集会 で発表しました。
演題「備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究」
2023年7月20日
The 13th SPSJ International Polymer Conference (IPC2023, Sapporo) にて、松平が研究発表をしました。
演題:Supramolecular hemoglobin-PEG alternating polymers constructed through non-covalent interactions between αβ subunits
2023年7月7日
第34回 北海道輸血シンポジウムにて講演をしました。
演題「備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究」
2023年5月22日
令和5年度 日本医療研究開発機構(AMED) 橋渡し研究プログラム シーズB「備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究」の第1回班会議を、WEB開催しました。
2023年5月12日
第71回 日本輸血・細胞治療学会 学術総会(幕張メッセ)で発表しました。
シンポジウム8:新規血液製剤
演題:備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究
2023年4月30日
Biochemistry and Biophysics Reports誌に、腎毒性を低減できるリポソーム型ヨード造影剤に関する研究成果が掲載されました(放射線・核医学科との共同)。
DOI:10.1016/j.bbrep.2023.101473
2023年3月31日
化学と工業 4月号の「Division Topics」に掲載されました。
タイトル:ヘモグロビンとPEGが結合した巨大な環状モノマーの開環重合
2023年3月9日
ファーマラボEXPO大阪にて展示・発表しました。
備蓄・緊急投与が可能な人工赤血球製剤の実用化を目指す研究
2023年3月8日
Currenet Medical Science誌に、出血性ショック蘇生における催不整脈が人工赤血球投与により抑制されることを報告しました(防衛医大との共同)。
DOI:10.1007/s11596-023-2706-9
2023年1月31日
日本輸血・細胞治療学会 e-News 第21号で紹介されました。
タイトル:人工赤血球製剤ヘモグロビンベシクルの臨床第一相試験

2022年以前新着情報


バナースペース

酒井研究室

〒634-8521
奈良県橿原市四条町840

TEL 0744-22-3051(代表)
       (内線2269)
TEL 0744-29-8810(直通)
FAX 0744-29-8810